エステのすすめ

心と体を健康にするブログ

お客様は意外と知らない?優良エステサロンの選び方

f:id:umi2020:20200618175007j:plain

 

エステサロンってたくさんありすぎて

どこがいいのか分からない

高額な支払いをするけど

コースの途中でサロンがなくなったりしない?

 

今回はサロン選びの一つのヒントをお伝えします。

 

 

 

エステティシャンの資格

まず始めにエステティシャンの資格について。

エステティシャンには美容師や理容師のような国家資格はありません。

しかしエステティシャンとして働くためには専門の技術や知識が必要になります。

 

そこで経済産業省の指導下にある二つの協会が、認定資格制度を設けています。

これはエステティシャンの技術と知識レベルの向上を目指すもので、

エステティックのサービスを適切に提供する能力の証となるものです。

 

エステの専門学校を卒業したエステティシャンはほぼ持っていて、中には国際的な資格を持っている人もいます。

 

しかし無資格で働いているエステティシャンがいるのも事実です。

 

 

エステティシャンの認定資格制度を設けている代表的な協会

一般社団法人日本エステティック協会

AEA公式サイト|TOP(日本エステティック業協会)

 

 

優良・安心・安全マークのあるサロン

現在、日本には5.000を超えるエステ関連の店舗があります。

(4年前のデータですが大きく変わりはない様です)

その中で

一年以内に倒産する企業が60%

10年生存する企業は10%

と言われています。

 

実際、お客様から過去に通っていたエステサロンで高額の契約をしたが、

突然の倒産でサロンがなくなってしまったという話を聞いたことがあります。

 

もちろん契約したコース代金は返ってきません。

 

高額なコースの契約をする際「このサロンなくなったりしない?」と聞かれたことも一度や二度ではありません。

みなさん不安に思うことですよね。

 

そこで、そのサロンがエステティシャンの

認定資格制度を設けている協会に登録・認定されているサロンかどうか

ということがひとつの安心材料となってきます。

資格保有エステティシャンが必ずいるサロンということですし、きちんとした営業体制が整っているといえます。

 

登録サロンには認定証や認定マークが置いてあります。

AJESTHE・JEO・AEAなどと書かれたものです。

 

f:id:umi2020:20200623145716p:plainf:id:umi2020:20200623145739p:plain



  

 代表的なサロン

あくまでもこれは、ひとつの安心材料ということであり、

登録・認定サロンでないところはやめておいた方がいいという訳ではありません。

 

個人サロンで有名ではなくても、とっても素晴らしい知識と技術をもったベテランのエステティシャンが親身に対応してくれるサロンもたくさんあります!

 

各協会認定登録サロンはこちらから検索できます⇓⇓

ajesthe.jp

www.esthesite.jp