エステのすすめ

心と体を健康にするブログ

世界一気持ちいいマッサージ「タイ古式」で自律神経を整えよう

f:id:umi2020:20200712135942j:plain

慢性的な疲労・頭痛・肩こり・動悸・ほてり・不眠・便秘・微熱・耳鳴り…

風邪をひいてる訳じゃないのになんとなく不調。

そんな経験はありませんか?

 

特に原因が思い当たらないのにイライラする・不安になる・やる気がでない・焦りを感じる…

自律神経が乱れているかもしれません。

 

自律神経の乱れは自覚しても放置している人が案外多いもの。

ひどくなると自律神経失調症となりそのまま鬱病に進行することもあります。

 

病気にならないうちに病気を予防する「予防医学」の考えから、エステにも様々なメニューがあります。

このブログでも”デットクス”のカテゴリで何度かお伝えをしてきています。

 

今回は「世界一気持ちいいマッサージ」と言われる、タイ伝承医学に基づいたタイ古式マサージで自律神経が整う」ということをお伝えします。

 

 

タイ古式マッサージで自律神経を整える

自律神経が本来のバランスを取り戻すためには、筋肉のコリをほぐす必要があります。

筋肉のコリをほぐすには、マッサージや整体・針治療など様々な方法がありますが、なぜ自律神経を整えるためにはタイ古式マッサージがいいのでしょうか?

 

全身へアプローチする

タイ古式マッサージの特徴は、セラピストが全身を用いてお客様のつま先から頭の先まで筋膜をほぐしていくこと。

二人ヨガとも言われるタイ古式マッサージは、ヨガをした時のようなリラクゼーションを体感することができます。

f:id:umi2020:20200712140157j:plain

 肩が凝っているから肩をもむ、腰が痛いから腰だけをマッサージするという考えではなく、全身的に施術することにより根本的な改善を目指します。

 

例えば肩こりの施術には、手首や手指の付け根をもみほぐします。

このことからもタイ古式マッサージは患部を直接施術するのではなく、人体を全体で捉えた施術をしていくのです。

 

脚を中心に施術する

体の筋肉の70%は脚にあると言われています。

そのためタイ古式マッサージでは極めて脚を重要視した施術をしていきます。

 

自律神経やストレスなどと関係するツボが、足部に集中していることも科学的に証明されています。

 

瞑想する

タイ古式マッサージの最大の特徴は、その大胆でアクロバティックな施術とは裏腹に、マッサージをする側もされる側も「無我の境地」近づくこと。

 

瞑想法を伴った呼吸をすることにより、脳波が眠りとはちがうα波でまどろんだ状態になります。

 

 

 

タイ古式マッサージの深いリラクゼーション効果

全身の筋肉がほぐれ、呼吸が整い、深いリラックス状態になれるタイ古式マッサージ

施術後は自律神経は本来のバランスを取り戻し、副交感神経が優位になります。 

副交感神経が優位になる

・脳がリラックスする

・筋肉の緊張がゆるむ

・精神的に穏やかな状態になれる

 

この状態が、血圧・心拍数・呼吸数・体温・ホルモンバランスを整え、イライラやストレスから解放されるのです。

 

呼吸が安定する

タイ古式マッサージは深い呼吸を繰り返し行うので、体中に酸素がまんべんなく行きわたります。

体の各機能の働きが回復し、ガスが抜け、脳内にα波が多く出現。

呼吸が深くなり安定することで、半覚半眠の状態が体感できます。

 

 

医学的にも注目されるタイ古式マッサージ

人体を全体で捉えた東洋医学思想に基づいた施術タイ古式マッサージは、全身を整え、呼吸を整え、深いリラクゼーション状態へと導く効果があります。

 

タイ保健省の調べによると、頭痛・肩こり・腰痛・冷え性など数十種類もの症状に効果的だと医学的に証明されています。

またタイ古式マッサージは、現代病対策となる「予防医学」としても注目されています。

 

定期的に行うことで、血液やリンパの流れがよくなり免疫力も上がります。

 

自律神経失調症は病気ではありませんが、病気の一歩手前です。

自律神経の乱れは日頃から整えておく必要があります。