エステのすすめ

心と体を健康にするブログ

ホメオスタシスに働きかけるエイジングケア「幹細胞培養液」

f:id:umi2020:20200719161547j:plain

 

エイジングケア成分として人気の高い「幹細胞培養液」

最近よく耳にする言葉ですが、なんとなく良さそうなのは分かるけどイマイチ良く分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

幹細胞コスメなども多く見かけるようになりました。

 

幹細胞培養液とは、「別の細胞になることができる特殊な細胞」幹細胞を培養する際に分泌される成分で、高いアンチエイジング効果が期待できる次世代の成分です。

 

医療の分野でも注目されている幹細胞培養液の効果を見ていきます。

 

 

 

幹細胞って何?

幹細胞とは「別の細胞になることができる特殊な細胞」のこと。

細胞分裂を繰り返して同じ細胞を増やせる能力「自己複製能」と、自分とは違った細胞になる能力「多分化能」を併せ持った細胞です。

 

ヒトの場合、幹細胞は大きく4つに分類することができます。

・「全能性」なんにでもなれる

・「万能性」特定の器官以外何にでもなれる

・「多能性」特定の細胞系列内で分化可能

・「単能性」決まった細胞にだけ分化可能

全能性は受精卵だけで、受精後2週間だけ全能性の幹細胞となります。

 

化粧品への応用から見る幹細胞

多くの化粧品に使用されているのは幹細胞そのものではなく、幹細胞培養液。

幹細胞培養液とは、幹細胞を培養する際に分泌される成分で、ヒト・植物・動物の幹細胞培養液があります。

 

現在日本では、人の幹細胞から分泌された「ヒト幹細胞培養液」が注目され、美容再生治療に活用されている他、頭髪発毛治療にも用いられています。

 

ヒト幹細胞

医療や美容業界で使用されているのはヒトの皮下脂肪から採取した脂肪由来の幹細胞。「脂肪由来幹細胞培養液」には、アンチエイジングに効果的な成長因子などが多く含まれています。

 植物幹細胞

特定の植物の細胞を使った幹細胞で、傷ついた細胞を再生させる力を持ちます。「リンゴ幹細胞エキス」や「アルガン幹細胞エキス」などが有名で高い抗酸化力・保湿力でその培養液は多くの化粧品に使用されています。

動物幹細胞

羊の毛根や胎盤から採取された幹細胞で、ヒトの皮膚幹細胞と構造が似ています。プラセンタサプリなどはこの動物由来の物が多いですが、体質により拒絶反応を起こすこともあるので注意が必要です。

 

 

ヒト幹細胞培養液が注目されている理由

f:id:umi2020:20200721090512j:plain

「細胞の活性化」という言葉をよく耳にしますが、細胞の表面にはレセプターと呼ばれるカギ穴のようなものがあり、そのカギ穴にぴったりと合うカギ(=リガンド)が結びついて初めて活性化が始まります。

 

車もその車のカギをカギ穴にをさしてあげないとエンジンが掛からないですよね。

 

ヒト幹細胞培養液には、細胞のカギ穴(レセプター)に一致するカギ(リガンド)となる成長因子などの情報伝達物質が豊富に含まれていることが分かっています。

 

レセプターとリガンドの仕組みは動物特有の情報伝達手段。

人と植物とでは細胞の仕組みが全く違うため、植物由来の成分が人の細胞にどう作用するか分からない部分も少なくありません。

 

そのためヒト幹細胞培養液は、再生医療や美容の分野で組織再生に効果的と期待されているのです。

 

 

細胞活性のサポートが期待できる

肌の抗老化、美白といった多様な効果のほか、皮膚組織のヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンの再生を促進、肌悩みの根本からの改善を目指します。

 

ホメオスタシスに働きかけるエイジングケア

ヒト幹細胞培養液に含まれる成長因子が、線維芽細胞に強く働きかけることによって皮膚組織の主要構成成分の再生を促進

顔以外へもアンチエイジング効果や組織再生効果、発毛・増毛促進効果、抗酸化効果などの様々な効果が期待されています。

 

 

次世代コスメ「幹細胞培養液コスメ」

化粧品は、天然成分・石油化学由来成分・ビタミンやたんぱく質・バイオ活用と応用・幹細胞コスメへと進化をしてきました。

表皮のバランスを整えるケアから始まり、細胞活性(根本治療)へ。

 

著名人やアスリートの間では「幹細胞培養上清液点滴」なども当たり前になっているようです。

 

ヒトに効果をもたらすものだから、ヒト由来のものを使用する。

(人には人の乳酸菌を、ビオフェルミンの考え方ですね)

 

ヒト幹細胞培養液は、エイズや肝炎を含むウィルス・細菌に感染していない健康な成人女性ドナーの皮下脂肪を採取し抽出。

厚生労働省の生物由来原料基準を守る法律の定めの元に製造されています。

 

どんどん進化していく化粧品からは目が離せないですね。