エステのすすめ

心と体を健康にするブログ

太っているだけでは済まされない!「メタボ」と「肥満」の違いについて

f:id:umi2020:20200804223337j:plain

「メタボ」と「肥満」どちらも健康にとって良くないというイメージ。

似ている部分もある両者ですが、判断基準が異なり厳密には違うものです。

 

「メタボ」は、お腹周りのサイズと 血糖・血圧・脂質の3つの数値から判断するのに対し、「肥満」の判断基準は、身長と体重から計算式によって出される数値(BMI

 

自分のBMIや標準体重を知っていますか?

健康状態を測るための一つの目安となります。

 

「メタボ」と「肥満」の違いと「BMI」についてお伝えします。

 

 

 

「メタボ」と「肥満」の違い

メタボリックシンドローム(メタボ)は、おへその高さの腹囲が男性85㎝・女性90㎝以上で、かつ血糖・血圧・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れる状態のこと。

 

高血圧・糖尿病・脂質異常症を併発しやすくなり、動脈硬化が促進し心筋梗塞脳梗塞を引き起こす可能性が高まります。

 

40~74歳のうち、男性は2人に1人、女性は5人に1人がメタボ該当者または予備軍と考えられています。

 

肥満の判定には、BMI(体格指数)が基準に用いられ、BMI25以上を肥満と呼びます。医学的な肥満の診断は医師による診察や検査の結果に基づき行われます。

 

肥満は過剰な脂肪が主に蓄積される場所によって「皮下脂肪型肥満」「内臓脂肪型肥満」に分かれています。

 

「皮下脂肪」は皮膚の下についている脂肪で、表面からつまめるもの。

腰回りやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪がたまるタイプの肥満は、皮下脂肪型肥満と言えます。

 

一方、「内臓脂肪」は、腸の周りにつくもの。

この脂肪が多いとウエスト周りの大きさに影響しやすいと言われています。

見た目としてはお腹がぽっこり出た体型の人が、内臓脂肪型肥満と考えられます。

 

 

 

BMIについて

健康的な体づくりの第一歩は、自分の体を知ることから。

自分の体格の判定には身長と体重で計算するBMIを用います。

 

見た目や健康のバランスのとれた体型を目指すために、まずはBMIや標準体重を把握しましょう。

 

BMI数値を出してみよう 

BMI」計算式

BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)

 

BMIは「BoddyMassIndex」の略で肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数。

肥満や低体重(やせ)の判定に用います。

 

BMIは身長と体重から算出することができます。

18.5~24.9までが普通体重範囲内で、標準値の22は統計的に糖尿病や高血圧・脂質異常症に最もかかりにくい数値とされています。

 

「肥満度」の判定基準

18.5未満 低体重(やせ)

18.5~25未満 普通体重範囲内

25~30未満 肥満(1度)

30~35未満 肥満(2度)

35~40未満 肥満(3度)

40以上 肥満(4度)

BMIの数値で、自分の肥満度や健康状態を測定できます。

 

BMIが18.5未満の人」は低体重といって、高齢期の疾病リスクが高まるため注意が必要な状態。

3食バランスよい食事をとり、筋肉を増やすため筋力トレーニングを行ったり、歩く量を増やしたりするなど運動習慣を持つといいです。

 

同時に脂肪量もこまめにチェック。脂肪の中でも内臓脂肪が多ければ病気のリスクが高まります。

体組成計を使って一つの目安として体脂肪率も確認しましょう。

 

BMIが18.5~25の人」は普通体重。この範囲内を維持しましょう。

 

BMIが25以上の人は肥満」

「肥満」とは脂肪組織が過剰にある状態のことで、その度合いによって「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

肥満は生活習慣病のリスクが高まるので、食生活の見直しや適度な運動で改善することが必要です。

 

標準体重を知っておこう

「標準体重計算式」

標準体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22

 

BMIが「22」の時の体重が標準体重です。

統計的に最も病気にかかりにくい体重で、自分の身長をもとに算出できます。

 

身長が165㎝(=1.65m)の人の場合、1.65×1.65×22=59.8(kg)が標準体重になります。

 

標準体重を上回っていた場合は、まず普段の食生活や運動習慣を振り返ってみましょう。

 

BMIの意外な落とし穴

BMIは自分の健康状態を測る一つの目安となりますが、BMIだけで判断するのは良くありません。

BMIはあくまで身長と体重から計算によって出された数値。

それだけでは体が筋肉質なのか脂肪過多な状態なのかまでは分かりません。

 

BMI22で太った見た目でなくても、骨や筋肉より脂肪の方が多く、体脂肪率が高い隠れ肥満の人が多くいます。

 

逆に筋肉量が多いためBMIの数値が高くなる場合もあります。

筋トレなどで筋肉を多くつけている人はBMI25以上でも、体脂肪率が低いことが多く、肥満ではありません。

 

健康的な体づくりには、BMIのチェックに加え見た目のバランスや体脂肪量・筋肉量も合わせて見ることが大切です。

 

 

 

メタボは危険のサイン

メタボになると検査数値が「高血圧症」や「糖尿病」と診断されない軽度の異常であっても、これらの血圧や血糖の異常値が、内臓に脂肪が蓄積した状態と重なることにより、心臓病や脳卒中などが起こりやすくなります。

 

肥満・高血圧・高血糖・脂質異常といったリスクの保有数が0個の人と比べて、3~4個の人は、心臓病発症リスクが31倍という研究結果も報告されています。

つまり単に太っているだけでは済まされずに、改善が必要な状態と言えます。

 

体重や体型の変化が気になったら、メタボか肥満かどうかも視野に入れて危険のサインを見逃さないようにしましょう。